楽天 訳あり・お試し・送料無料グルメ

白鵬 三本締め

大相撲春場所の千秋楽で、優勝した横綱白鵬が、三本締めを観衆とともにやってましたが、横綱審議委員会が苦言を呈しています。


確かに言われてみれば、違和感がありますね。ボクシングの選手やプロレスラーが、マイクアピールをするのは当たり前ですが、相撲の関取がやるのはなんか違う気がしますよね。私は各界のことに詳しい訳ではありませんが、神事である相撲では関取は感情を出すことを控え、人前では黙々と練習し、相撲を取るだけしか見せない、そういう認識を持っています。例外が福祉大相撲などの巡業の時ですよね。


優勝した後とはいえ、本場所の土俵上で三本締めというのは、まず作法としてどうなのか、そして優勝力士や横綱など関取が音頭を取っていいのか?私にはわかりません。でも、私は横審や親方がこのあたりをきちんと説明して、外国人である白鵬に教えてあげないといけないことだと思います。

リングメモ PATTO

株式会社デザインフィルの「リングメモ PATTO」は、書きたいページがすぐ開くメモ帳です。メモ帳の左側が弱い糊でくっついてまとまっているので、使ったページをはがしておくと、まだ使ってないページがパッと開くんです。新聞記者さんなどにいいかも。



LINNE LENS

「LINNE LENS(リンネレンズ)」は、スマホやタブレットを実物の生きものにかざすだけで生きものの名前を判別するアプリです。


動物園や水族館、そして野山などで見ている生きものの名前から図鑑の説明までを見ることができるんです。いちいち展示の表示や図鑑を見て、見比べる必要がありませんし、間違いがないかどうかが適合確率で表示されます。


まるでSF映画のようなことが、実際に表示されるので驚きです。現在の画像処理技術やネット技術とAI(人工知能)の情報処理でこんなことも可能になっているんですね。LINNE株式会社(東京都渋谷区)が開発・提供しています。


ちなみに人にかざすと通常は「ホモ・サピエンス」と出ますが、認識されない人っているのかな・・・・?


WEMO

「WEMO(ウェモ)」は、繰り返し使えるシリコーンメモです。メモ用紙が無い時、つい手や腕に書いてしまいますよね。「WEMO」はウェアラブルメモなので、手首に巻くタイプや肌に貼り付けるタイプがあり、ボールペンで書いても消しゴムで消して繰り返し使えます。スマホなどに貼るタイプもあります。